Category Archives: ストレス

CBDの抗不安治療としての作用

 

今回の投稿は、米国の人気サイトLeafy.comによる記事の翻訳となります。

 


 

私たちは通常、不安という感情を望ましいものとみなしませんが、実際には、私たち自身や私たちの周囲の人に対する脅威への対処として役立つ、重要な適応反応です。つまり、それは潜在的な脅威を認識し危険回避させます。また、私たちの置かれた状況を改善するための行動を起こす動機づけとしても機能します(より一層の努力、人間関係の改善など)。

 

しかし、これらの自然な反応をきちんと管理できないと、不適応となり、仕事や人間関係に影響を与える可能性があります。また臨床的に診断可能な不安関連障害につながることがあります。「ストレスは万病の元」と言いますが、それは人を殺すことさえあるのです。

 

不安関連障害は、米国の場合、18歳以上の4,000万人の成人人口(18%)の大きな部分に影響を及ぼします。これに対し、大手製薬会社はProzacやZoloftのような、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)から精神安定剤(最も人気のあるクラスはValiumやXanaxなどのベンゾジアゼピン系)に代表される、多くの不安関連障害の治療薬を開発しました。

 

 

これらの薬物は多くの患者に有効ですが、一部の患者に対しては良好に応答せず、改善があまり見られなかったり、副作用を発症させたりします。さらに、ValiumやXanaxのような精神安定剤は強い習慣性があるため、それらに代わる代替治療が必要とされています。大麻の中で最も顕著な非精神活性成分であるカンナビジオール(CBD)は、現在利用可能な抗不安薬の代替可能品となり得るでしょうか?どうやらそれについては確実視できそうです。

 

近年、CBD成分は、消費者、臨床医、科学者の間で大きな関心を呼び起こしています。それはなぜでしょうか? CBDがTHCの副作用の多くを打ち消すことを示す証拠だけでなく、ヒトへの実験的・臨床的な研究、および疫学的研究からの蓄積した証拠ならびに多数の動物実験によって、CBDは強力な抗不安特性を有することが示されています。 適時、それを必要に応じて投与することにより、以下のような症状を含む多くの不安関連障害に対して有益な治療となり得ます。

 

・パニック障害

・強迫性障害(OCD)

・社会恐怖症

・心的外傷後ストレス障害(PTSD)

・全般性不安障害(GAD)

・軽度から中程度のうつ病

 

CBDはどのように作用するのか

 

CBD成分は、不安障害の治療に効果的ないくつかの有益な影響を脳に及ぼします。ただし、CBDがどのように機能するかを記述するほとんどの研究は前臨床であり、動物実験に基づいたものであることが指摘されなければなりません。 「マウスはヒトではない」とはよく言われます。動物実験の結果は必ずしも人間の治療法に正しく反映されるとは限りません。しかしながら、前臨床試験は、私たちを正しい方向性に導くデータを提供します。

 

 

5-HT1Aアゴニスト:5-HT1Aはセロトニン受容体のサブタイプであり、セロトニン系を標的とする薬物で不安およびうつ病を治療することがあるのでとても重要です。これが、製薬会社がProzacやZoloftのような選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を開発した理由です。 SSRIは、脳におけるセロトニンの再吸収をブロックすることによって作用し、シナプス空間におけるセロトニンの利用可能性を増加させます。これは、脳細胞がセロトニンシグナルをより多く伝達するのを助け、ある種の症例では不安を軽減し、気分を高めます(しかし生物学的根拠は完全に理解されていません)。

 

SSRIと同様に、CBDはセロトニン受容体を介したシグナル伝達を増強する可能性があります。動物研究では、CBDが5-HT1A伝達を増強し、SSRIより速くセロトニンに影響を与える可能性があることをスペインの研究者らが発見しています。

 

研究者らはこう述べています。「CBDによる抗うつ作用および抗不安作用としての即効性は、現在の抗鬱剤による療法の主な弱点のいくつかを解決し得るだろう。

 

海馬におけるニューロン新生:海馬は主要な脳領域であり、様々な脳機能において重要な役割を果たします。その役割においては、記憶形成と認知能力が最も顕著です。うつ病または不安に苦しむ患者の脳スキャンは、しばしば小さくなった海馬を示します。うつ病治療の成功の可否は、海馬での新しい神経細胞の発生(ニューロン新生)が鍵を握ります。

 

 

マウスを用いた動物実験では、CBDの反復投与が海馬のニューロン再生を促す可能性があり、これは不安またはうつ病の治療に有用となります。また、ある研究では SSRIとCBDの両方がニューロン新生を促進させる可能性があることが示されています。これは、重症な神経可塑性が自殺行動に影響を与えている可能性があるという証拠が示唆するように、重要です。 CBDとSSRIのニューロン新生への影響を比較する今後の研究は、うつ病へのより深い理解、およびそれに対する最も効果的な治療法を提供することでしょう。

 

CBDはどのように不安を軽減させるのか

 

動物研究の成果を元に、CBDが急性ストレスや不安を含む、多くの一般的に報告されているような不安障害の症状改善を示す証拠が提示されています。

 

ヒトにおける研究によって示されたCBDの抗不安作用

 

ブラジルの研究者らは、一般的な社会不安症に苦しんでいる患者に対して二重盲検比較試験を行っています。 CBDを摂取した後、参加者らは不安感の顕著な減少を報告しました。研究者らは、抗不安効果と一致する脳血流パターンを示す脳スキャンを実施することによって患者の主観的な報告を検証しています。

 

別の研究では、研究者らは社会不安症に苦しんでいる患者に公衆の場での発言テストを実施しています。参加者らはそこでの不安感の有意な減少を報告し、それは心拍数や血圧などの客観的な指標によっても裏付けられました。

 

研究者らは、「CBDは不安感・認知障害・および発言時の緊張の度合いを有意に軽減させたが、プラセボ群は不安感・認知障害・および緊張の度合いが高いままだった」と結論付けています。

 

終わりに

 

動物実験のデータは、CBDがいかに脳に作用するのかという詳細をまず私たちに提供し、その後ヒトでの研究によって、抗不安治療としてのCBDの有効性が実証され始めています。米国における不安障害の社会的および財政的な膨大な費用を考えると、CBDは無数の不安関連障害を治療する上での重要な役割を果たす可能性があります。

 

また、大規模な無作為化対照試験(RCT)を含むより多くの研究では、CBDの長期的な影響と潜在的な可能性がはっきりと保証されていますが、その実証された有効性と非常に好ましい安全性プロファイル(特に現在利用可能な薬物と比較した場合)により、現在利用可能な医薬品の有効な代替品または補助品となり得るのです。

 

出典:https://www.leafly.com/news/health/cbd-for-treating-anxiety

※上記はあくまで最新の研究結果に基づく報告であり、当サイトはそうした効果・効能を主張するものではございません。

 

hemplucid CBDヘンプシードオイル

hemplucid Vape CBDリキッド

 

CBDは『完全無欠』?【CBDの効能について】

 

いま、一世を風靡している糖質制限ダイエット。

 

いろんな奇抜な健康法が市場に現れては消えていくのが世の常ですが、このダイエットに関してはもうここ数年勢いが衰えるどころか、確実に痩せられるダイエット法としてすっかり人気が定着してしまった感がありますよね。いまやコンビニやスーパーでも普通に低糖質商品がいろんなジャンルの棚に並んじゃっている状況です。

 

この人気に拍車をかけた人物のひとりが、アメリカの有名実業家でもあり、Bulletproof Dietこと完全無欠ダイエットで有名なデイブ・アスプリー氏です。彼が考案したBullet Proof Coffee(またはバターコーヒー。最近になってファミマでも発売になりましたね 笑)は、アメリカ本国で爆発的ヒットとなり、著作『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』も発売されています。これは全米ベストセラーになっただけでなく、ここ日本でも17万部を超えるベストセラー入りしています。

 

かくいう私も、彼のダイエット法を参考にして10kgほど落とすのに成功したクチです (๑• ̀д•́ )✧ドヤッ

 

そんな彼のウェブサイトに、“CBD Benefits: Is CBD Bulletproof?(CBDの利点:CBDは「完全無欠」なのか)” という記事がありますので、今日も翻訳記事を紹介致します。

 

それではどうぞ!

 


CBD Benefits: Is CBD Bulletproof?

By: DAVE ASPREY

 

カンナビジオール(一般的にはCBDと表記)について聞いたことがおありだろうか?CBDはいま、市場で最も論議を巻き起こしているセンセーショナルなサプリメントの一つであり、それには正当な理由がある。

 

CBDは大麻草(カナビス)において見つけられる85のカンナビノイド化学物質の1つだ [1]。ヒトをハイにする分子であるTHCは同じ分類に入るが、精神変容作用のあるそのいとこと違い、大麻のCBDにはまったく精神作用が無い。 CBDは、炎症の減少から多発性硬化症の緩和に至るまで、そのあらゆる有益な効果が分かり始めている。僕はそれについてはとても興奮している。

 

しかし、多くの新しいサプリメント同様、CBDには欠点や、いわばグレーゾーンがある。一体それは、完全無欠なのだろうか?研究内容は次のとおりだ。

 

良い点:CBDは集中力を高め、入眠を促し、不安感を減らす

 

研究によると、CBDはいくつかのとても興味深いことを可能としている。

CBDは:

・少量(15 mg)を服用した場合、集中力を高める [2]。ラットでも覚醒度の増加が起こる [3]。

・不眠症を患っていても、少し多めに(160mg)服用すれば入眠を促す[4]。

・てんかん発作を防ぐ [4,5,6]。

・恐怖をコントロールする脳の一部である扁桃体を落ち着かせることにより、社会的な不安を軽減させる [7]。高用量のCBD(600mg)もまた、公衆の面前での発言における不安を減少させた[8]。

・統合失調症の症状に有意な改善をみせた [9,10]。

 

試験管内のヒト細胞に関する最近の研究は、CBDが強力な抗酸化物質であることを示唆している [11]。 CBDは、炎症および酸化による損傷からニューロンを保護することに関しては、ビタミンCおよびビタミンEの両方よりも優れていた。 また、CBDはラットの脳卒中に関連する脳障害を50%減少させたが、ヒトでも同じかどうかはまだ分かっていない [11]。

 

乳癌治療としてのCBDの試験に取り組んでいる研究チームもある。

 

なぜ僕がこのことに関して興奮しているのかお分かりになっただろうか!ただ、ヒトに対する効果の研究分野はまだ小さく、僕は完全な確信を持っているわけではないということを付け加えなければならない。

 

それほど良くない点1:想定外の副作用、農薬、肥料

 

僕は完全無欠コーヒーにCBDを数日間(海岸から200マイル離れた国際海域の船上での話なのだが・・・)ブレンドしてみたが、CBDは肌の乾燥とひび割れを相当引き起こした。僕の肌は通常、非常に健康的だ。

 

実験皮膚科学の雑誌をいくらか掘り起こしてみると、カンナビノイド受容体CB1とCB2が皮膚内に存在することを説明する記事が見つかった。 CB1受容体は皮膚の神経、さらには小胞内の神経末端にまであり、皮膚細胞の成熟に一定の役割を果たすようだ。私の肌が乾燥した原因はそこにあるのかもしれない。つまり、多分私の身体はそれに悪い反応を示したのだ。

 

あるいは、それは単に農薬の影響だったのかもしれない。大麻は食べ物ではなく植物であり、多くの生産者は収穫量を増やすために大麻草に農薬や合成肥料を散布する。望ましくない化学物質を避けるためには、オーガニックにすべきだろう(実際、オーガニックな大麻製品は存在する)。

 

それほど良くない点2:CBDはいまだに多くの州で違法である

 

CBDを摂取したい場合、3つの主な課題がある。それを入手する方法、それを摂取する方法、そして支払う方法だ。

 

それを入手することは容易に思える。経口CBDサプリメントは、錠剤、トローチ剤、液体、カプセルなど、さまざまなものをオンラインで見つけることができる。 CBDをオンラインで注文する前に、まず州法をチェックしてみるべきだ。マリファナがあなたの州でレクリエーション的に合法でない場合、CBDも同様のはずだ。また州法にかかわらず、米国連邦政府ではCBDがSchedule 1ドラッグであり、カナダではSchedule 2 ドラッグであることを知っておくべきだろう。(訳者注:もちろん、日本国内では合法で、その使用・所持・購入に問題はないことを強調しておきます。)

 

まあ、あなたのドアをFBI捜査官がノックする可能性は非常に低いだろうが、国境を越えたCBDの出荷は、法的に貴殿や貴社のビジネスを危険にさらす可能性がある。これは不合理かつ有害な状態なので、僕はそれが変わることを期待している。(訳者注:繰り返しますが、もちろん、日本では合法で、その使用・所持・購入に問題はないことをここでもう一度強調しますねw)

 

苛立たしい点:CBDオイルはわずか6%しか吸収されない?

 

それでは、あなたが法律を守りつつ、CBDサプリを入手したと仮定しよう。問題は、僕たちの肝臓がCBDの分解能力において極めて長けていることだ。CBDを飲み込むと、その約6%の量しか脳には到達しない [12]。これは、不安障害における研究対象者が、不安に対する効果を感じるためには400〜600mgものCBD抽出物を飲用しなければならなかった理由を説明する。その用量を得るには、一回で約100ドルもの費用がかかる。

 

喫煙はどうなの?

 

僕は、ニコチンとマリファナの活性部分自体は有用であるにもかかわらず、タバコや大麻の喫煙による燃焼副産物がいかに悪い影響を持つのを至極明確にしてきたつもりだ。あなたが何かを喫煙すると、肝臓を通過することなく素早く脳に到達する。これ自体はCBDにとってはアドバンテージだ。その生物学的利用能は、飲用時の6%から喫煙時には31%に飛躍する [13]。

 

また高濃度CBDの大麻(またはいかなる大麻)を喫煙する際の問題点は、あらゆる種類の毒素や発癌物質、ならびにTHCも吸入してしまうことだ。大麻の煙には、あなたのホルモンを混乱させることがあるエストロゲン化合物であるアピゲニンも含まれているが、CBDやTHC自体はエストロゲン様作用がないようだ [14,15]。

 

喫煙のもう一つの欠点は、吸引するCBDの量をコントロールすることが非常に難しいことだ。低用量のCBDは集中力を喚起させるかもしれないが、高用量は眠くなる。その辺はぼんやりとした境界線であり、喫煙している場合は十分なコントロールができない。

 

喫煙はアップグレードできるの?

 

最も完全無欠なオプションとは、純粋なCBDリキッドをVape機器で気化させることだ。

それによってあなたは:

・経口摂取した場合よりも高い生物学的利用能を得ることができる

・THCを気にしないで済む

・従来の喫煙に由来する毒素のほぼすべてを排除できる

 

CBD抽出物を気化させたとしても、用量のコントロールはいくぶん難しいが、多少試行錯誤すればすぐにつかめるようになるだろう。 それにはCBDリキッド専用のVape機器が必要だ。

結論:CBDは完全無欠である。ただし、あなたがそれを正しい方法で摂取した場合だ

 

CBDはあなたの集中力を高め、睡眠の助けとなり、不安を和らげる。 それは抗酸化物質としても作用し、脳を損傷から守ることもできる。 喫煙にまつわる毒素を除外するためにVapeによって気化させ、経口サプリメントには無駄にお金を浪費しないようにすること。 可能ならば、農薬や肥料を避けるため、オーガニック製品を買い求めるべきだろう。

 

あなたがこうしたいくつかの課題を乗り越えれば、CBDは有益なサプリメントになるだろう。 あなたはもう、CBDの恩恵を受けることができただろうか?

 

 

出典:Bulletproof

 

脚注:

1) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2866040/

2) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15118485

3) https://www.researchgate.net/profile/Eric_Murillo-Rodriguez/publication/23558918_The_nonpsychoactive_Cannabis_constituent_cannabidiol_is_a_wake-inducing_agent/links/54579f650cf2bccc49111122.pdf

4) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7028792

5)  http://www.druglibrary.org/crl/movement/Cunha%20et.al%2080%20Epilepsy_%20Pharmacol.pdf

6) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4157067/

7) https://www.researchgate.net/profile/Fabio_Duran/publication/46191395_Neural_basis_of_anxiolytic_effects_of_cannabidiol_%28CBD%29_in_generalized_social_anxiety_disorder_a_preliminary_report/links/00b7d51e96c6f20ffe000000.pdf

8) http://www.nature.com/npp/journal/v36/n6/full/npp20116a.html

9) http://www.europsy-journal.com/article/S0924-9338(09)70440-7/abstract

10) http://www.scielo.br/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1516-44462010000100011&lng=en&nrm=iso&tlng=en

11) http://www.google.ca/patents/US6630507

12) http://pharmrev.aspetjournals.org/content/38/1/21.short

13) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2937482/

14) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/6296360

15) http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0041008X06000093

CBDとストレス

 

現代日本は「ストレス社会」ともいわれます。

 

会社での失敗や人間関係のもつれ、その他様々な要因から負の連鎖や悪循環に陥ってしまいがちです。それによってメンタルが不安定になったり、心身の不調をきたしたり、果ては最悪のケースとして自死に至るといった話も耳にした方はいらっしゃるかも知れません。

 

 

こうした状況のなかでは、早急なストレス・マネジメントが必要となります。日々の生活にゆとりを持ち、精神の均衡を保つこと、ストレスへの耐性をもつこと、マイナス要素に過剰に反応しないことはとても大事でしょう。かといっても、なかなか状況が好転しない、不調が改善しない、ブラックな会社もやめれない、といった場合は多いと思います。

 

このような場合における、CBD(カンナビジオール)の役割に注目すべきときが来たのではないのでしょうか。

 

抗鬱剤などの処方薬には抵抗があったり、副作用が心配だったりするかもしれませんし、違法薬物に手を出すのはもちろん論外です。

 

また、嗜好品としてお酒やタバコなどに安らぎを見出すのもよろしいかもしれませんが、どちらにも中毒性があり、乱用してしまうと逆に健康や精神への被害が出てきてしまいます。これではいわゆる悪循環から抜け出せなくなってしまう可能性大です。

 

他にも、ストレスに効果があると謳う様々なサプリメントも市場には溢れかえっていますが、産業用大麻(ヘンプ)の成熟した実や茎から抽出されるCBD成分はナチュラルで安全性も確立されています。THCという酩酊物質を含有する、いわゆるマリファナとは違い、中毒性・習慣性・副作用もなく、もちろん変な多幸感を与えることも、ハイになったりもしない。それでいて合法的に購入・所持・使用できるとなれば、試してみない手はないのではないでしょうか?

 

 

世界各地の様々な研究機関による最新の報告により、CBDのもたらす身体の緊張を解きほぐす作用、睡眠促進作用や、抗炎症作用によって得られるメリットはもはや疑いの余地のない段階にまで来ています。今後の記事では、それらの作用に対する裏付けとしての研究成果などもご紹介していければと思います!

 

※上記はあくまで最新の臨床研究結果に基づく知見と報告であり、当サイトはそうした効果・効能の確実性を主張するものではございません。