Tag Archives: THC

CBDとTHCの違い

 

さて本日は、CBD成分とTHC成分の違いについて見ていきましょう!

まずは予備知識として、ヘンプマリファナの違いについてです。

 

Yin and Yan

 

・アサ科のなかの異なる品種

ヘンプとマリファナは同じカンナビス系(アサ科)に属する植物ですが、一般的にTHC含有量の低い品種がヘンプ、高い品種はマリファナと呼ばれます。日本では全てひっくるめて大麻やマリファナと呼ばれることが多いですね。

 

ヘンプのTHC含有量に関しては、おおよそ平均で0.05~1%と非常に微々たるもので、CBD成分についてはカンナビス系のその他の品種よりも多めに含まれています。

 

片やマリファナの花穂にはTHCが豊富に含まれており、10~14%が平均含有量です。

 

マリファナの主要成分であるTHCには精神活性成分による酩酊作用があり、人を陶酔状態(いわゆるハイ)にするため、違法薬物として取り締まり・刑罰の対象となっています。

 

過去に幾度となくムショ行きを余儀なくされた、スヌープ・ドッグ容疑者

 

産業用の繊維利用を目的として品種改良され、THC含有量の極めて低くなっているヘンプのほうも、日本の大麻取締法によって栽培することや葉・花穂・樹脂の所有が取り締まられてはいるものの、成熟した茎と種およびそこから派生した製品の購入・所有・消費に関しては取り締まりの対象外であり、合法的な購入・所持が認められています。

 

たとえば、七味唐辛子にはヘンプからとれる種子である麻の実(ヘンプシード)が普通に入っていますが、これも規制がされていないため問題はありません。

 

ですので、ヘンプの茎・種に由来する製品であるヘンプシードオイルやCBDオイルは完全に合法となっています。

 

・代表的な特徴

それでは、THCとCBDそれぞれがどういった特徴を持ち、使用する人はどのような効果を期待しているのかについて、簡単に見てみましょう。

 

THC (テトラヒドロカンナビノール)

レクレーショナル・ドラッグとして。つまり精神活性物質による陶酔・多幸感、いわゆる「ハイ」の状態を求めて(ただし人によっては焦燥感やパラノイア〈被害妄想〉、マニア〈躁病〉、また酷い場合には幻覚・幻聴などの深刻な精神疾患を副作用として引き起こすこともあり)。

・聴覚・嗅覚などの知覚の過敏化。アーティストやクリエーターの求める非日常的な心理状態や刺激として。

・食欲増進、鎮痛作用、眠気の誘発 etc.

 

危険ドラッグ、ダメ・ゼッタイ

 

CBD(カンナビジオール)

医療大麻的な用途として。つまり神経保護作用、鎮痛作用、抗炎症・抗酸化作用、抗腫瘍性、健康サプリとしての使用、安眠作用など。

・リラクゼーション効果による身体や筋肉のこわばりの緩和。

・イライラ感・緊張感・不安障害といった神経症の解消。

 

いつもこのようなステキな笑顔でいたいものです

 

ご覧のように、THCに対してはその法的な規制に納得が出来るような、重大な副作用のリスクが伴いますが、CBDのほうには過剰摂取による副作用や、いかなる有害な影響もいまのところ見つかっておりません。

 

それどころか、CBDには統合失調症、不安障害、鬱病だけでなく癌の治療においても有益な効果が顕著にみられるといった研究報告がこちらこちらなどでされています。

※あくまで最新の研究報告であり、そうした効果を主張するものではございません。

 

・完全合法

このように、同じカンナビス系植物でもCBDやTHCなどといった異なる効果をもつ成分が抽出され、色々な用途や目的のために主にセルフメディケーションとして使用されています。そして日本はもちろん、世界中の多くの国々で、ヘンプのCBD成分に関しては大勢の健康意識の高い人々によって支持されており、各国政府によっ ても認可された上で、正規かつ合法的に販売されているという訳です。

 

 

 

hemplucid Vape CBDリキッド

 

 

hemplucid CBDヘンプシードオイル

Hemplucid社のCBD製品について

 

今回は、当店の取り扱うHemplucid社 CBDリキッドの主な特徴を挙げてみたいと思います。

 

それでは、一つずつ見て参りましょう!

 

 

1.天然由来のフル・スペクトル抽出エキス

Humplucid社のCBDリキッドは、単体のCBD成分だけでなく、天然のヘンプから抽出されたテルペノイド(テルペン)、植物栄養素や抗酸化物質を含み、それらの相乗効果を発揮するフル・スペクトル・カンナビノイド・マトリックスにより、人体に備わった「内在性カンナビノイド」系に作用し、単体のCBDだけでは得ることのできないような満足感を与えます。

 

 

 

2.高品質CBD・高テルペン含有量

Humplucid社のCBDリキッドは、ナノテクノロジーを駆使したボンディングプロセスによって植物性グリセリンとの結合が行われており、リキッドのCBD成分が結晶化することがありません。したがって身体の組織によって効率よく吸収され、迅速に作用します(他製品のなかにはCBD成分がリキッドから分離・結晶化し、吸引機器のガラスやアトマイザーに付着したり、目詰まりを起こすような粗悪品もございますのでご注意ください)。

 

また特筆すべきは、高含有度のテルペン濃度も挙げられます。テルペンというのは、植物に香りや風味をあたえる成分として知られます。テルペンにはCBD成分との化学的な相乗効果による、抗炎症性・抗菌性・抗ウイルス性・鎮痛性や抗不安などといった特性があるという可能性も様々な研究から判明しています。

 

 

3.天然フレーバー

人工的なフレーバーは一切添加されておらず、高テルペン量の相乗効果により、天然のヘンプ特有の濃厚かつ甘美な味わいと香りをそのままお楽しみ頂けます。なかなか体験することのできない本物のヘンプの味わいを、この機会に是非お試し頂くのはいかがでしょうか。

 

味の説明となるとなかなか難しいですが、一般的に想像されているような、草っぽい風味でも青汁のような味でもなく、フルーティーな香りと甘さの中に、ほんのりとした独特の苦みが微かにあるようなイメージです。ヘンプ以外にこのような味はなく、他に例えようもないため、良い意味で期待を裏切るかと思います。

 

もちろん既存のリキッドやフレーバーと組み合わせてご使用頂くことも可能です。

 

 

4.ニコチン、タール、香料、甘味料、PG(プロピレングリコール)すべて一切不使用

その有害性については誰もが知るニコチンやタールはもちろん、人工的な香料や甘味料、さらには一般的な電子タバコ用リキッドに含まれるPG(プロピレングリコール)も含まれておりません(PGは稀にアレルギー反応を示す方がいらっしゃいます)。

 

また、PG及びその煙は猫にとって有毒であることが分かっている為、猫をお飼いの方も安心してご使用いただけます。

 

 

5.有機・非GMOのVG(植物性グリセリン)のみを使用

添付されている植物性グリセリンは毒性もアレルギー性も全くなく、それ自体がオーガニックな成分です。Vapeリキッドとして使用された場合、この成分が熱されることによって、より多くの蒸気を発生させ、吸いやすくまろやかな口当たりとします。

 

 

6.第三者検査機関による試験済み (カビ、細菌、殺虫剤、溶媒残留物、および他の汚染物質なし)

米国本土の検査機関にて厳正な検査を完了させています。ここであらゆる雑菌、カビ、汚染物質などの有害物の混入がないことがきちんと確認されています。

 

 

7.酩酊成分であるTHCの含有率は?

ヘンプとマリファナは同じカナビス系(アサ科)の植物ですが、マリファナとは品種の異なる、いわゆる産業用大麻であるヘンプについてはそもそもTHCの含有量が非常に低くなっています。そのなかでも含有量が特に低い、ヘンプの成熟した茎と実からCBD成分が抽出されており、THC含有量は皆無に等しいレベルです。

THCに限らず、アルミや水銀などの重金属を始め、放射性物質その他諸々の有害物質は、厳密に検査すれば下手すれば数%はある品物や食品が近年輸入食品の増加と共に市場に蔓延しつつありますが、当製品は数々の厳しい基準と検査要件を合格しております。当然、日本の薬機法や大麻取締法の対象となる恐れはございません。

ちなみに(さり気なくビッグ・ニュースですが)、最近世界アンチドーピング機関(World Anti-Doping Agency, WADA)によって、CBD成分は正式に禁止薬物リストから除外され、アスリートの方にも安心してお使いいただけるようになりました。CBDの持つ鎮痛作用として、筋肉痛や怪我、その他の炎症や痛みにも高い効果を発揮するため、乱用してしまいがちなオピオイド系鎮痛剤に取って替わる、より安全で無害な代替策として注目され初めています。

 

それゆえCBD製品の使用はアメフトや総合格闘技MMAなどのような、特にボディーコンタクトの激しいアスリート界において認知されています。今後どんどん他のスポーツ分野の選手たちにも広まりをみせてくれるのではないでしょうか。  

試合後の記者会見でCBDをモクモクと燻らせたUFCのNate Diaz選手。キメてくれましたね。

 

8.米コロラド州原産

アメリカ・コロラド州の広大な自然によって育まれた、非GMOのオーガニック・ヘンプを原料として使用しています。つまり、遺伝子組み換えの行われていない、有機農法によって栽培された健康志向のヘンプとなります。またコロラド州は、アメリカ全体の産業用ヘンプ生産の約40%をも占める、一大生産地として有名です。

 

本場のヘンプの本物の味を自信をもってお届け致しますので、ぜひご堪能あれ!

 

Hemplucid Vape CBD リキッド